巣鴨の風俗店での面接の際に『お金目的です!』と伝えるのはアリ?

風俗の仕事をやろうと志したきっかけとなるのは大抵の場合お金がらみであることが多いでしょう。

例えば、借金をしているのでその返済のために風俗で働いたり、自分の夢の実現のために早くお金を貯めることを目的として風俗で働いたりということなどがあります。

普通のアルバイトなどではお金のためと言われたら落ちる可能性があるわけですが、風俗の求人においては志望動機にお金と伝えてもいいのでしょうか。

面接で直接お金のことを言っても構わない

風俗店での面接においてなぜ風俗で働こうとしているのかということやなぜこの風俗店を選んだのかということについては、興味があることです。

前者について話す時にお金というキーワードが出てくることは致し方ない部分はあります。もしお金が必要な理由を尋ねられたとしても、正直に話していただいても構いません。

後者について話す時は別に求人を探している時や面接を受けている時の印象について話していけばいいでしょう。風俗店側としては採用活動を行う時の参考にするために聞いているからです。

お金のためであっても一生懸命に働いてくれるなら採用される

最初のきっかけがお金のためということがあったとしても、風俗店側が一生懸命に働いてくれそうだなという風に感じるのであれば、十分採用される可能性は高いです。

風俗店側は応募者が何らかの目標があったほうが一生懸命に働いてくれるという風に思っています。

風俗の求人でお金のためだと言っても構わない

風俗の求人を探すきっかけとなるのはお金にまつわることである割合が高いです。風俗店側は当然お金のために来ているということは十分に承知をしているので、別に志望動機でお金のためだと伝えても構いません。

巣鴨の風俗店での面接の際に『お金目的です!』と伝えるのはアリ?」への1件のフィードバック

コメントを残す